ココロのリトマス試験紙

家族の仲の良さ、それは目には見えません。

見えないけど、わかる方法があります。

仲の良さを見分ける、ココロのリトマス試験紙です。

仲の良い家族は、もちろん喧嘩もするし、口論もあります。

しかし、仲の良い家族にかならずあるのが、家族への感謝です。

心の中和状態こそが、もっとも安定し、家族仲がいい状態です。

・・・・・

結果から言うと、感謝できなければ、家族の危険信号です。

体も心も偏ります。偏ってない中和状態が家族仲がいいわけです。

理科で使うあの紫色の紙、リトマス試験紙をイメージしてください。

酸性か、アルカリ性か一目でわかる、あれです。

家族の中和状態のためには、現状の逆を実行することです。

まず自覚がなくても、感謝がないときはどちらかに振れています。

「自己犠牲」か、「相手任せ」かのどちらかです。

「A.どちらかというと努力、自己犠牲に振れてることがおおい」

人に任せる、人を拒絶する、そんな嫌われるかも、という選択をすることです。

子供がせがんでも一緒に遊ばない、自分がみたい映画をみる、ゲームをする、

PTA、自治会など伴侶に任すなど自分を大切にすることです。

誰かに助けをもとめて、受け容れられると自分が楽になります。

自分が許されていることがわかると、自然と周りに感謝するようになります。

「B.どちらかというと家族=役割・機能に振れることがおおい」

本当はできればと思うこと、伝えたい気持ち、言葉、行動をかたちにしてください。

きっと家族から感謝され、喜ばれ、笑顔が咲きます。

自分も家族もその関係があることに感謝するようになるでしょう。

子供、家族の心に配慮してないときや、「やってあたりまえ」だろう、

相手の役割は相手のものと感じているなら、関係が冷たくなりかけています。

どうぞココロのリトマス試験紙が何色か、わかるようによく自分の心をみて、

ちょうど真ん中の仲のいい状態に中和させてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です