夏休みの子供との過ごし方

小学校に入ると保育園、幼稚園のようにはいかず、外圧が強くなります。

だからこそ、夏休みは気が緩むのはあたりまえの時期なのです。

避けられないメディアとの付き合い方についてです。

大切なのは子供が自身でコントロールできること(我が家では)

子供とメディアとの関係では、欲望は限りなく満足はありません。

ゲームや、youtube、アニメなどずっと見ようと思えば見られます。

見せないのではなく、親としてどうならOKなのかがポイントです。

・・・

自分の結論は「子供が自身でコントロールできること」です。

切り替えが効く、自分で制限できることができればOKだと思います。

まず試験的に、満足するまで動画を見せることにしました。

結果、週末の2日間、それぞれ朝から夜まで12時間以上みてました。

お腹いっぱいになるまで見れた? と聞いても「わからん」といいます。

だんだんとこちらも腹が立ってきました。

ここで親として困ることとしては、切り替えることができるないことです。

食事やハミガキ、お風呂や、夜寝ることが、すぐにできないことです。

逆にこれができれば、どれだけ見てても困りません。

勉強も朝イチでやってるし、炎天下で遊ばせるのは拒否したいです。

そもそも動画やゲーム視聴の時間を減らしても、もっと勉強するわけでも、

将来への自己研鑽をするわけでもありません。

だから切り替えができればOKだ、というところで決めました。

コントロールのハードルはまず低く

ダイエットや運動の目標設定でも、高すぎると達成できません。

ちょうどいいのは、9割できると感じられることです。

子供にとっては、1分からのスタートでいいと思います。

・・・

1分だけだと、待つことが不得意な子でも意識の切り替えができます。

すぐに見れるのでちゃんと休憩してくれます。

最初、動画視聴を自分でコントロールさせるために、

30分みたら30分休憩をさせようとしましたが、休憩を嫌がるのはもちろん、

休憩自体を忘れてしまうこともしばしばでした。

そこで次に、タイマーを持たせてみました。これも押し忘れです。

親としても面倒くさくて、動画アプリを一旦すべて削除しました。

親が張り付いているわけにもいかないのです。

そして導入したのが動画一つに1分だけの休憩です。

これだと切り替えができます。すぐに見れるのでちゃんと休憩してます。

親がみていなくても、タイマーでしっかり管理できています。

これですこしほっとしました。

いずれ休憩を増やしていこうと思っています。

すべての瞬間が楽しいのは異常なこと

責任感がつよい親ほど、子供を満足させねばと思いがちです。

しかし、満足させ「つづける」ことなどできないのです。

「つまらない」そんな要求には、たまに応えるぐらいでいいのです。

・・・

事実、つまらないことのほうが多いのが日常なのです。

子供の要求にこたえられない自分を責めてはいけません。

一人っ子だからって、一人で遊ぶことができます。

つまらなければ、自分で工夫すればいい。

長く続く老舗であればあるほど、毎日やっていることは同じです。

その毎日の中で、その日に合わせた調整をほんの少ししているのです。

毎日がイベントやお祭りでは、それにも飽きてつまらなくなります。

ハレの日、ケの日があるわけです。このケの日こそ、日常です。

飽きないためにも、日常生活があります。

ちなみにこのケの日が枯れることを、気枯れといいます。

つまらない日常で、人は気力を回復させているわけです。

だから、つまらないことが7割、8割でいいのです。

だれかと比較して、自慢できる生活や理想の家庭を目指すのはつらいです。

たまにいい生活や、理想を実感できる程度でいいのです。

躾けも大切ですが、そばにいるだけでも、子供は安心します。

子供とは、たまに遊んであげる程度で、夏のケの日を満喫してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です