子供を捨てる覚悟

心が擦り切れて爆発してしまうぐらいなら、子供を放置するほうがいいです。

しかし日頃大切にしている親ほど、それが難しい。大切だからです。

そのためには、子供を捨てるぐらいの覚悟が必要です。

・・・・・

放置するといいましたが。育児放棄をすると思わないでください。

あなたが日頃一生懸命に子育てしているなら、もし1日放置したところで、

子供の心はやんだりするわけないでしょう。

そこで、ほっとくことです。返事もしない。ごはんもつくらなくてもいい。

学校の準備も本人まかせ、お休みの日なら寝間着のままほっといてもいい。

きっと心配でそれが、許せないでしょう。でもほっとくことです。

「正しさより、愉しさ」

この1日を自分の正しさより、愉しさで行動してみてください。

まさに子供を捨てるほどの、勇気が必要なのです。

この勇気を出すぐらいなら、苦しく面倒見ているほうが楽なのかもしれません。

でも正しさによる子育ては、子供も苦しくなります。一旦立ち止まりましょう。

さてここで、冷静になってぜひこの時間で考えてほしいことがあるのです。

実は、子供と親の相性が悪い? のには、理由があるということです。

それはその子供を通して、親があたらしい選択をする機会を得るためです。

それらを冷静に見えるようになると、行動の、選択の幅が広がります。

たとえば・・・

・子供の嘘が許せないのは、あなたが他人のことばを120%信じるから。

・返事をしない子供が許せないのは、あなたが他人に反応しすぎるから。

・子供が寝間着のままが許せないのは、あなたが他人によく見られたいから。

つまり、もっと気楽にやれよ、ということを間接的に教えてくれています。

そう、これらの葛藤は自分の執着です。

執着を手放すために、子供があなたにやるように、

子供のいうことを真に受けすぎず、時には反故にし、

子供に反応したくないときには、相手を無視し、

周りからよく見られなくてもかまわないいと、自分を許すのがいいです。

もし、周りから何かいわれても、無視していいのです。

傍からみれば、そんなことだってあるよなーと思われる程度です。

そうすると、誰かがうまくやってくれるようになります。

たとえば伴侶、ほかの家族、子供自身、もしくは他人がです。

あなたがいなくても、たった1日程度しれたものです。

怖いですけど、ぜひやってみてください。

ああ、ちなみに僕もこれやってます。怖いですけどなんとかなりますょ。

それでどれほど気楽になれるのか、ぜひ体感してください。

子供を捨てる覚悟とは、自分の「執着を捨てる覚悟」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です