ないことを欲しがる

断食を経験したことがあるからか、

僕は少々ものを食べれなくても、

なかったとしても、

あまり不安に思うことがありません (・-・)



それは、「自分がなんとかなる」と

感覚でわかるから (^_^)


モノがなくなると、不安です。

得られないことは、とても不安です。

そして苦しいです。

とくに食事抜くのは苦しいです。

でも、

死ぬこともないんです。

余計な脂肪が燃えていくのが

わかるようになります。

7日間、ミルクだけで

喫茶店で仕事しながら断食しました。

周りには食べるものばかりです((´∀`))

よくやったとおもいます。

もし、少量でも食べていたら、

もっと簡単だったと思います。

それぐらいの量なら、

多分、いまの日本にはあると思います。

分け合えば、余裕であるのです。



ミルク以外は、まったく何も食べない断食、

2日目の夜が死ぬほどつらかった。

睡眠欲さえなくなります。

それぐらい、食欲はきつい。

でも、格闘し・・・

3時間ぐらいしたら寝れました。

翌日からは、

ずいぶんと楽になりました。

何も食べてないのにです。

それからどんどん楽になりました。



あの2日目の苦しみは、なんだったのでしょう。

たぶん、食欲との闘いでした。

欲との戦いです。

体にはエネルギーがあったのにです。

実際には「ある」のに、それに気づかず

ほしい、ほしい、ほしい、ほしい、ほしい (|||ノ`□´)ノ

欲が顔を出して、人を襲います。

欲とはそういうものなんでしょう。

あるものが目に入らない、

ないものが目に入る、

気になって仕方がない!

それを超えると思いのほか、

大丈夫だということもわかります。


断食を進めているわけではありません。

健康じゃないと無理ですし。

ただ、大事なことは、

親でも子どもでも

ないとダメだ!

そう思ってることが多いのではないですか?


そんなに「ないこと」が大事なのではない。

以外とやっていけるものなのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です