キスできないかわりに

キスしてますか?

といいたいところですが、
感染症の多い時期になると、
キスもさけなきゃいけません (´_`。)

スキンシップも気を付けたほうが
いいにきまってます。

そのうえでのお話です。
今日はキスの効果について、
書こうとしていましたが、
さすがに今は、キスも自粛なのです。

感染症がはやる時期は、
たっぷり寝て、しっかりご飯を食べる、
これにつきます。

夜更かしせずに、なんでも食べる!

これに加えて免疫を高める方法をご紹介します。

キスできなくても免疫をたかめる

そもそも免疫とは、
白血球がもつ「システム」です。

成人は、白血球が1日に、
約1000億個も脊髄でつくられます。

免疫システムの役割は、
体の外から入ってきたウイルスが、
体に入り、細胞に感染したとき、
その悪くなった細胞を
やっつけること。

ガンや、風邪をやっつけたり、
傷を治したりする、
これが「免疫」です ((((((ノ゚⊿゚)ノヌオォォォ


そして、この免疫の力を高めるのが、
脳からつくられる、ある物質です。


人間というのは面白いもので、
何かのアクションをすると、
「脳内ホルモン」という「神経伝達物質」が
脳から分泌されます。

体の各セクションに
指令を出す

そういう役割をもった
物質です。

  ※余談になりますが、
   感情というのは、
   実はこの物質による「化学反応」です。
   神経伝達物質による化学反応が感情なのです。
   ちょっと不思議になりませんか?
   感情には、理屈があるのです。

健康維持に欠かせない免疫、
その効果向上にかかせない
脳内ホルモンのひとつが、

快楽ホルモン、βエンドルフィンです。

キスしても、分泌されます。

ほかにも増やす方法は、

笑う、とか
おいしいものを食べる、とか
40度以上の風呂に入る、とか

分泌する方法は、たくさんあります。

いつもなら、
ここでキスを推します (ノ*゚▽゚)ノ

が今回は、
「親子一緒に笑う」を推します。

こんな時期だからこそ

家族で一緒に笑うなんて機会、
そういう機会って持ちづらいですよね。

まだまだ親子の接点があるうちは
いいんですが、部屋にずっといるようになると
なかなか難しい。

接点があるなら、
なんでも一緒にするといいです。

最近、妻と子供と、
アマゾンプライムで映画をみました。

映画を見終わった後、感想をきくと…

僕、 「わかるわぁ~ ( ;∀;)」
妻は、「きもい」
子は、「ばばばばーばーばばばばばば」とテーマソングを適当に歌いだす。

ぜんぜん違うんですよね ( ̄Д ̄;
自分と妻と子供、
それぞれ違う視点があることがわかる。

そのあと、みんなで笑い話、
家族に感想を聞くと面白い体験ができました。

同じ体験を共有して、
それぞれの感想を聞くだけで、
自然と笑いが起きることがあります。

ぜひ、そういう時間も
こういう時期だからこそ、
大切にしてみてはいかがでしょう。

外にでない分、
休日に時間もあるのだから

ほんとはキスして、
スキンシップして、

といいたいところですが。

今は、手洗い、うがい、マスクが

一番です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です