相手の気持ちがわからない子

何度言っても空返事、怒られている意味もわからない。

やめてといわれてもやめない。他人の気持ちがわからない。

解決方は、自分の気持ちや感情を捉らえるようになることです。

・・・・・

結論から言えば体験しないと、相手の気持ちはわからないんです。

そのためには今の自分が、不安なのか、悲しいのか、怒っているのか、

気持ちと感情、その原因が把握できるようになることです。

自分の気持ちがわかるようになれば、自然と他人の気持ちもわかります。

これが真理です。実際、僕はそうでした。

そもそも人の気持ちはわからずとも、相手への反応はできるんです。

「ごめん」と謝ったり、「わかった」「はい」返事をすることはできます。

でも、なぜ相手がそういうのかが、わかりません。

(相手も本当の気持ちを言わないことも、原因ではあるのです)

だから、いわれた本人はいたって冷静だったりします。

この「ずれ」はわかりずらく、しかもすぐ忘れてしまいがちです。

くわえて「自分の気持ち < 相手からの評価」だったりすると

自分のメリットのために処理、反応してしまいがちなのです。

そのために衝撃的な事件、面倒な問題が最適なきっかけになります。

たとえば、

・子供に夜泣きされて、起こされる

・自分と違う意見や思想を、無理に正義だと押し付けられる

・兄弟姉妹と比較して、嫉妬した

などなどです。

どんなに教えても、自分がそうならないとわからない。

だから理解しあえないから、一緒にいるのが苦痛になる。

だから子供は親のもとから巣立つわけです。

そしていろんな経験をして、自分を見つめて分かるようになることもある。

それでいいのだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です