自己主張の戦略

            

言いたいことは1行に集約する

気に入らないことや、納得いかない出来事を相手に伝えるとき、

情報のぜい肉をそぎ落とすことです。これが戦略です。

シンンプルに、1行に集約すれば、とても伝わりやすいです。

・・・・・

自己主張の本質は、誠実な感情と気持ちです。

そこに理屈ではない訴えの根源、行動の源泉、説得力があるからです。

日本人にはこれがもっとも効果があります。

当たり障りのない言葉は、お茶を濁すことになり相手に影響しません。

たとえば「不安だ」とか「困った」とかの言葉です。

伝えることには、かならず一つの主題があります。

それは感情と、気持ちの最大のもので、行動を決する理由です。

例えば君の名はでは、「気になる女の子とまた会いたい」です。

人間の主張も同じで、シンプルに1行にできます。例えば・・・

「イライラするのは、〇〇だったから」

これだけです。それ以外の小さいものは一切省いてください。

まずはこれを正直に把握してみてください。

クールダウンがとても大切なので、深呼吸しながら考えてみてください。

僕もつい熱くなって、相手に伝わるのに時間がかかることも多いです。

クールダウンして、1行に集約です。

口火を切るためのキーワード

感情や気持ちを利害関係がある相手に伝えることは、難しいです。

今後の付き合いのため、ついつい保身に走り、お茶を濁しがちです。

口火を切るキーワードは「モヤモヤしてる」がベストです。

・・・

日常生活での課題は、大抵が否定的な感情からスタートします。

学校の先生や、地域の関係者、義母や義父、親戚などの場合、

うまく口火を切ることが関係を壊すかもと、不安になります。

そんなときは、こう口火を切ってください。

「納得できないことがあって、モヤモヤしているんですが」

「モヤモヤしていて納得できないんですが」

「ちょっと引っかかることがあって、ちょっとモヤモヤしています」

こう口火を切ってから、原因となる出来事について話してみてください。

そこではっきり伝えます。このほうが話が早く相手に通ります。

「誤解かもしれませんが、〇〇のことで、イライラしているんです。」

もちろん、とっさのときに言えない、言い返せないこともあるでしょう。

僕も、それで何度も悔しい思いをしました。この経験は次に活かせます。

事前にこういう言葉を言えるように意識できるからです。

相手と分かり合える価値は、恋愛成就と同レベル

自分に対して、不快に思っていることを言ってくれる相手、

まして本音でかかわってくれる相手を、多くの人は無碍にはできません。

みんな他人からのよい評価を欲しがっているからです。

・・・

どんな人でも、誤解があるなら解きたいと思うものです。

明確に敵対している場合でなければ、相手は聞く耳を持ってくれます。

もちろん、結果として自分が不満な結果になることもあります。

恋愛における告白と一緒です。

多少、ギクシャクすることもありますが、利害関係があるなら

お互いが適度な距離を取ろうとするものです。

かくいう僕も、交渉の結果として感情的に満たされないこともあります。

理解されず、心がへこむこともあります。

そんなときは可能な範囲で伴侶に、自分の役割を交代することです。

うちの場合は、妻のほうから「私がやるわ」とよくいってくれます。

いいのかな? と思っても任せていいのが夫婦だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です