続・キスできないかわりに。

新型コロナウイルスが世界を覆うご時世です。

キスで親子関係改善をうたっているのに、
キスしましょう、といえないのが、
つらいところ=( ̄□ ̄;)

ということで、

最近、ちょっとはやりのスキンシップを
ご紹介します。

人呼んで「武漢シェイク」
ご存じの方もいらっしゃるかもしれません。

どういうものかというと、
足で、相手の足を手を交わすように
こつん☆、と触れ合わせる方法です。

握手(ハンドシェイク)の、足バージョンです。
いやぁ、いいと思います(b*^0)d
イタリアでも、はやればいいと願います。

「挨拶の際にキスやハグをしないで!」

と呼びかけられているんですが、

「相手のことが好きであれば必要です」
「感染するまで続けますよ」
「禁止にする必要ないと思う」

とキスやハグをやめない人もいるらしいです。

親しい人へのスキンシップを大事にする
文化を大切にするその姿勢は素晴らしいと思います。

みならいたいものです、
その精神は!

いろんな挨拶方法

海外ではコロナウイルス対策の
スキンシップの方法として、
いくつかのあいさつの仕方を提案してくれています。

シンガボール国際大学の医学部ではこんな感じです。

(画像:nusmedicine.nus.edu.sgより)

いくつか紹介されていますね。

・手を振る
・お祈りポーズ
・肘タッチ
・足タッチ

どれもすごくいいともいます。

なかでも僕がおすすめなのは、
エルボーバンプというものがあります。

これは、肘と肘で、
エルボーでこつん☆ とさせる
そういう挨拶のしかたです。

これちょっとした遊びで
子供とできますよね。

いつでもできます。
ハイタッチみたいな感じです。

ハイタッチとかいうと、
ボーリングでスペアの時ぐらいですか?
なんかうまくいったときの合図みたいな
そんな感じです。

それを日常でやっちゃう
とってもいいと思います。

あと単純ですけど、
手を振るって、日ごろやります?

割と親しい人じゃないと、
たしかにこれしませんよね。

こういうのもいいと思います。

なんとかして、スキンシップを!

という、海外の精神って、すばらしいと思います。

病気になっても、それをやめない。
そのハートって、いいですよね。

ハートは大事です ( ̄ー ̄ )

ぼくらはそれを参考にして、
日常で活用させてただきましょう。

それぐらい、毎日、まいにち
大切な相手とスキンシップすることは、
こころにもとってもいい栄養になります。

これ、早速うちでもやってます。

この機会に、
こういうときだからこそ、
ぜひご家族でやってみてください。

マスクをしているから、
いつもより距離感を感じること
ありませんか?

そんな気がしたら、
あなたもやってみましょう!

さぁ、エルボーバンプ ヾ(@^▽^@)ノ

楽しいのがいいんです!
遊びでいいんですよ。
そういうのでいいんです。

ある種の非日常感というか、
意識の切り替えにも使えます。

そんなところから
家族関係は変えていけます。

ぜひ、遊びでやってみてください (o^∇^o)ノ

さぁ、エルボーバンプ ヾ(@^▽^@)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です