親を捨てる覚悟

子供が勉強をやる気を維持するためにも、仲の良い家族でいつづけるためにも

親自身がその両親に執着しないことが、もっとも効果的で、唯一の道です。

そして、それは子供の精神状態にとてもよい影響を与えます。

・・・・・

結婚をしたら、あなたの優先順位は伴侶が一番でなければ「なりません」。

ここは断定系で申し上げます。

それは自分の親の考え方を優先しないためです。

どんなに大切な存在で恩義があったとしても、親の影響を排除しないと、

夫婦それぞれ、育成過程の常識が違うために、必ず衝突します。

「伴侶へ配慮 < 親への気遣い」になります。

結婚関係で我慢しなくなった現代、家族崩壊が起こりやすいのです。

日本の夫婦の離婚理由で最も多いのは「性格の不一致」です。

日本シングルマザー支援協会の江成道子代表理事によると、

性格の不一致とは、心無い一言の積み重ね、すなわちモラハラです。

つまり伴侶への配慮の不足、相互理解への努力不足ということです。

その原因を突き詰めると、必ず各家庭での育成に起因しています。

現代、「結婚のありかた」を自ら学ぶ人は非常にまれです。

自分の育成された家庭環境と伴侶の家庭環境を、対等に見つめないと、

「相手の非常識」がモラハラの種となり、結果「性格の不一致」になります。

結婚したら優先順位は、親から伴侶へ変えなければ「なりません」。

これは「人は、その父母を離れ・・・」と聖書にも書かれているとおりです。

伴侶を最優先にして、お互いの一致を目指すのです。

ちなみに僕は結婚するずっと前から、優先順位のことを両親に伝えていたし、

妻にも、子にもしっかり伝えています。

おかげで妻は僕のことも優先してくれます。大切にされてると実感します。

それをみた子供は、結婚っていいもの、だと実感し、家族関係に安心します。

結婚とは、親を捨てることなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です