つらくない子育て

・子供とすごす時間をもつ
・子供の勉強をみて(本を読んで)あげる
・子供のいいところをほめる

毎日、これだけできる親って、すばらしい親です。
僕もどうだろう、できてない日のほうが多いです。

スーパーキッズをつくるために、とか、
こうこうことが語られますよね ( ̄ω ̄;)

これを毎日、できたらいいと思いませんか?
その方法があります。それは

・80%の実行自信度で行動する

ということです。

80%の実行自信度

僕の学んでいたカウンセリングで、
「実行自信度」という考え方があります。

実行自信度というのはとても面白い考え方です。
自分の感覚で、どれぐらい実行できるかの割合です。

ちなみに会社で営業目標とかある場合、
達成できないなんてことありますよね。
達成できない理由は、本人の見通しがついてなくて、
目標を実行できる自信がないからです。

主観で80%できることなら、ほぼストレスなく達成できます。
気楽に達成できるなら、実行自信度80%です。
しかし、逆に実行自信度が30%ぐらいなら、
間違いなくやりたくないし、やれません。

あくまでも理想、希望でしかない。
これが他人から一方的に設定されたものならば、
達成は難しいでしょう。
原因は、達成までの見通しが立たないからです。
見込み客探しよりも、喫茶店でお茶したくなります。

だから上司と面談でしっかり落とし込まなきゃならないのですが、
なかなかこれがうまくいかないのが、ほとんどです。
ちょうどいいところの設定って、難しいんです。

びっくりするぐらい簡単でいい

カウンセリングでは、実行自信度を
どうやれば80%以上にできるかを深堀していきます。

相当骨が折れる作業です。
ワンツーマンで1時間ぐらいかかる人もいます。

ですので、おすすめしたいのは、
最初から、80%の必ずできるであろう行動をやることです。

たとえば、「薬指を曲げる」程度のこと。
これは梅原大吾さんというプロゲーマーが著書の中でいわれています。

「毎日少しづつ勝利する」「成長する」
そのためには、簡単なものいいから、達成していくこと。
「ちょっと意識すれば可能なことを」です。

要は、ほんの少しでも、継続していればいいんです。

たとえば・・・

・子供との時間をもつ →「今日どうだった」とだけ聞く

・子供の勉強をみて(本を読んで)あげる → 5分だけ付き合う

・子供をほめる →寝る前に「1日頑張ったね」と言う

僕がやってるキスも同じです。
夜寝る前と、保育園に送り出すとき以外はしてません。
それでもやってると、こどもはキスしてくれるようになりました。

だから、子育ても家事も、薬指を折り曲げる程度の80%でやれること、
80%でやれるであろう範囲内でやる、ということがおすすめです。

子どもの息抜きも認めてあげて

そんな簡単じゃ、ダメじゃないの!
子育てだから、しっかりやらなきゃ、
受験だってあるんだし、薬指だけってイケナイでしょ。

もちろん、わかります。だからまったくやらないわけじゃない。
でも毎日完璧にすることでもないんです。
できない日、調子の悪い日、あっていいんです。

息抜きできれば、子どもだって、
もしかすると時間が経ってから、気持ちが乗ってくるかもしれない。

子どもだって、やらなきゃって思ってるんです。

固定概念や、普通とか、範囲、やりかたにとらわれないで、
自由にちょっとだけ手をつけてみてください。
そうすれば、人間関係って、変わります。
挨拶と同じです。

より親密になるにきまってます。
「よい家庭」になります。
親子でキスできる関係にも近づきます。

大切なのは、手を付けること自体をやめないこと。
プロの世界も、育児も同じなんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です