子供の感情をプラスにする叱り方

とくに叱るときは、子供にネガティブな印象を残します。

せっかく叱るのだから、関係をプラスにすることが大切です。

うまく叱るために、子供の心をコップだと思うといいです。

・・・・・

徐々にいい印象と、わるい印象とが溜まっていくそういうコップだと。

叱るときに、すくなくともこの3点を気にしてみるといいと思います。

1.子供が時間をとってくれる事実を「言葉に出して」感謝しているか

2.命令ではなくて選択させているか

3.ちゃんと聞いてくれたことに「言葉に出して」感謝しているか

これがもし子供ではなく、相手が先輩だったり、上司だったらどうでしょう。

「お時間よろしいでしょうか?」

「こう思いますが、いかがですか?」

「お忙しいところありがとうございました」

自分にとってメリット、デメリットがあるから、そうするのでしょうか。

子供よりも、上司の方が大切なのか・・・こういうことを考えてみてください。

相手の心の中にあるコップをみて観察あげることは、できるのです。

「大切な相手」にこそこの配慮をしてあげてほしいのです。

叱るというのは、怒りをぶつけることではなく、

相手の心をできるだけマイナスにさせず、プラスにして動かすのです。

もちろん、子供はいうことを聞かないこともあります。それでいいと思います。

喧嘩してもいいし、怒鳴ってもいいし、そんなことあったりします。

ただ、子供は仕事の仲間や上司よりも大切な存在なはずなのです。

以前、勤めていた会社の社長が叱るのがうまかったです。

叱ったすぐあとに、役割を与えてくれました。それも積極的な内容です。

ほっておくこともできたのに、心をみてくれていたことがよくわかります。

そのおかげで、10年以上たった今でも、叱られた内容も記憶に残っています。

叱る親は、子供の心の中にあるコップの状態を見ることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です