結婚させたい? 恋愛してほしい?

「結婚したいと思っているのに、できない人がおおい」

知り合いの会社員さんが言ってました。
今の若い人は、異性に対して、
あんまりガツガツしていないらしいです。
でも、誰かいい人を探しています。

自分の子供も、結婚がしたいなら、
できたほうがいい。
せめて恋愛はしてほしいかなぁ?
そうは、思いますよね。

人とひととが「からむ」ために

気質、性格によりますが、
うまく異性と会話ができない理由の一つに
自己開示ができないことがあります。

・相手の話を聞くことが大事
・とにかく話させろ
・赤べこのように相槌をうて

3つ目の冗談は笑えませんが、
この手のもの役に立ちません。

なぜなら、話がつづかないからです。
相手に興味があるとか、ないとかの前に、
以前にお互い、相手のことがよくわからないんですよ。
そんな相手のために自分を正直に話しづらい(笑)

自分が聞かれてばかりだから、
差し障りない話に終始する。つまり、つまらない。
すぐネタがつきます。

結婚にしても、恋愛にしても、友達にしても、
お互いの関係が「からむ」ことが大切です。

そういうときには、自分から、自分のことを話すのです。
しかも、差し障りある話をするんです。
少しぐらいでいいので!

自分の内面を表に出すこと。
その姿勢をみて、大丈夫だと相手もこころをひらきます。

正直ものは馬鹿をみない

自分のこと、少々、差し障りのある話をしても、
大丈夫だというお話しをします。

これは以前、会社の上司から婚活パーティーの数合わせの
依頼を受けて参加したときのことです。

その会場に、明らかに場違いな年齢的に若い女性がいたので、
あーあ、これは言い寄られて大変だろうなぁ、と見てわかりました。
だからこう提案したんです。

「今日は数合わせで参加しました。正直、僕は婚活はいいので、
 ここは早々に切り上げて、遊びにでもいきましょう」

そのあと2人で喫茶店に行くことになったのです。
少し自慢したい気持ちになりましたが、言いたいのは次のことです。

その方が、お手洗いに立たれるとき、
ショルダーバックを置いていってしまわれました。
怖いなぁと思い「気を付けないと危ないですよ」と伝えたとき
こういわれました。

「数合わせで参加した、といってくれる人なので信頼しています」

差し障りないことではなかったからこそ、
相手もそれに応じてくれたということだと思います。

子供は真似するんです

こんなふうに、少しだけでも本音を伝えていると、
日頃、自分のことをしゃべらない人でも、
「つい話してしまった」
そういわれるようになります。

そうすると、人と人とが「からむ」わけです。

僕は、もともと内向的な人間です。
子供のころはいじめられて言い返せませんでした。
いまだって、そういうところがあります。

そんな人でもいえるようになります。
ちょっとした意識と繰り返しで、できるようになります。
だからどんな人でも、からむことができるんです。

相手への敬意をわすれずに話していれば、
そんなに嫌われるようなことは、ありません。

だから親も日頃から、
自分の気持ちを、自然に表に出すことが
子供の人間関係にとっても、大事だなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です